[Jリーグ] 川崎フロンターレ vs ヴィッセル神戸

3月14日、2015明治安田生命J1リーグ第2節 川崎フロンターレ vs ヴィッセル神戸の一戦が、川崎のホーム 等々力陸上競技場で行われた。

川崎フロンターレは、大久保選手の二試合連続得点を含む2ゴールを決めたものの勝ち切ることはできず、ホーム開幕戦は2-2のドローとなった。

川崎フロンターレ出場選手着用スパイクリスト

# 選手名 スパイク 生年月日 身長 体重
GK 21 西部洋平 アディダス F50 アディゼロ 5 1980.12.01 186 79
DF 17 武岡優斗 アシックス メナス LE 1986.06.24 178 73
DF 3 角田 誠 アンダーアーマー クラッチフィットフォース 1983.07.10 180 78
DF 5 谷口彰悟 プーマ エヴォスピード 1.3 1991.07.15 182 70
DF 20 車屋紳太郎 プーマ キング SL 1992.04.05 178 70
MF 16 大島僚太 ミズノ モレリアⅡ 1993.01.23 168 64
MF 14 中村憲剛 ミズノ モレリアⅡ 1980.10.31 175 66
MF 18 エウシーニョ ミズノ モレリアⅡ 1989.11.30 180 78
MF 10 レナト ミズノ バサラ 001 MD 1988.10.04 167 68
FW 11 小林 悠 プーマ エヴォパワー 1.2 1987.09.23 177 70
FW 13 大久保嘉人 ナイキ ハイパーヴェノム ファントム 1982.06.09 170 73

大島僚太

先日のU-22 ミャンマー戦は大事を取って欠場した大島僚太選手だが、この試合では先発出場。ミズノのモレリアⅡ ホワイトカラーを着用していた。

武岡優斗

右サイドバックとして出場した武岡優斗選手は、アシックスのメナス LEを着用していた。着用カラーはイエロー×ブラック。

神戸のペドロ・ジュニオール選手は、ミズノのモレリアネオを着用。

やしろ優

等々力陸上競技場の新メインスタンドのこけら落としイベントが行われ、始球式のキッカーにお笑い・ものまねタレントのやしろ優が登場。プーマのキング2のターフトレーニングシューズ、ユニバーサル 2 TTを着用していた。

ヴィッセル神戸出場選手着用スパイクリスト

# 選手名 スパイク 生年月日 身長 体重
GK 22 山本海人 プーマ パラメヒコライト 15 1985.07.10 188 81
DF 25 奥井 諒 ミズノ モレリアネオ 1990.03.07 169 62
DF 5 岩波拓也 アディダス ナイトロチャージ 1.0 1994.06.18 186 72
DF 8 高橋祥平 ナイキ マジスタ オーパス 1991.10.27 180 70
DF 31 安田理大 ナイキ ハイパーヴェノム ファントム 1987.12.20 173 75
MF 16 チョンウヨン ナイキ マジスタ オーパス 1989.12.14 186 78
MF 13 小川慶治朗 ミズノ モナルシーダ JP 1992.07.14 170 65
MF 10 森岡亮太 アンブロ アクセレイター プロ 1991.04.12 180 70
MF 27 フェフージン ミズノ モレリアⅡ 1988.03.28 182 75
FW 7 ペドロ・ジュニオール ミズノ モレリアネオ 1987.01.29 182 75
FW 19 渡邉千真 ナイキ ハイパーヴェノム ファントム 1986.08.10 182 77
DF 6 高橋峻希 ナイキ マーキュリアル ヴェイパー 10 1990.05.04 169 68
MF 17 田中英雄 アシックス DSライト X-FLY 2 1983.03.01 172 65

小川慶治朗

小川慶治朗選手はミズノのモレリアネオを着用していたが、この試合ではモレリアネオではなくモナルシーダ JPを着用していた。

対峙した川崎の車屋紳太郎選手はプーマのキング SLを着用。

山本海人

ヴィッセル神戸の守護神 山本海人選手は、プーマのパラメヒコライト 15を着用。

フェフージン

今季ブラジルのポンチ・プレッタから加入したブラジル人のフェフージン選手は、アシックスの2002を着用。通常大きなシュータンを搭載したモデルだが、フェフージン選手はショートタンタイプを着用していた。

森岡亮太

神戸の背番号10、森岡亮太選手はアンブロのアクセレイタープロを着用。昨シーズンはアディダスのナイトロチャージを着用していたが、今季からアンブロと契約したことが先日発表されていた。

スパイク最安値サーチ β