アディダス グローロ 16.1

adidas-gloro-16.1-2016ss-01

昔ながらのカンガルーレザーアッパーを採用したアディダスサッカースパイクの新作「パティークグローロ 16.1」が登場。

海外ではグローロという名称で親しまれる二代目モデルに当たる今作だが、日本初登場となる国内では「パティークグローロ」という新旧のモデル名を合体させた状態で発売されるようだ。

王道のカンガルーレザーアッパー

adidas-gloro-16.1-2016ss-02

グローロ 16.1 FGのアッパー素材には上質なカンガルーレザーが採用されている。今回のグローロはアッパーのステッチが非常に少ないことも特徴で、カンガルーレザーの持つしなやかなフィット感を存分に感じることができる一足に仕上がっているようだ。

シンプルな新型FGアウトソール

adidas-gloro-16.1-2016ss-07

アウトソールは丸型スタッドを配置した天然芝・ロングパイル人工芝グラウンド向けFGソールを搭載。スタッド配置はシンプルだが、最新テクノロジーによる樹脂製アウトソールを用いているため、昔ながらのダイレクトインジェクションソールとは異なり軽量性も確保されている。

ハードグラウンド対応ジャパンモデル

adidas-gloro-16.1-2016ss-04

固い土のグラウンドでの使用を想定した日本向けハードグラウンド対応モデル「パティークグローロ 16.1 ジャパン HG」もラインナップ。

こちらはアウトソールやステッチ形状、足型(ラスト)などをカスタマイズした日本人向けのモデルとなっている。

過去のパティークシリーズを継承

adidas-gloro-16.1-2016ss-06

インターナショナルモデルのFGモデルとは異なり、ジャパンモデルのアッパーには複数のステッチが入れられている。これにより、カンガルーレザーの過度な伸びを抑制し、ベストなフィット感を維持しやすくする効果が期待できる。

ハードグラウンド対応スタッド

adidas-gloro-16.1-2016ss-05

ジャパン HGモデルには、14本のスタッドが配置された固い土のグラウンド対応のアウトソールが搭載されている。丸型とトライアングル型の中間の形状をしたスタッドは、適度なグリップ力を発揮し、スムーズな足の動きをサポート。

発売日・価格

最新のパティークシリーズ「パティークグローロ 16.1」の発売日は2015年12月1日の予定。

パティークグローロ 16.1 FG
品番:AF4856(ブラック)、AF4858(ホワイト)、AF4859(レッド)
価格:¥16,000(本体価格)

パティークグローロ 16.1 ジャパン HG
品番:S78812(ブラック)、S78813(レッド)
価格:¥15,000(本体価格)

スパイク最安値サーチ β