ディアドラ BRASIL OG 1984年復刻モデル

diadora-brasil-og-1984-01

イタリアのスポーツブランド ディアドラ(DIADORA)が、往年の名作スパイクを “BRASIL OG” として復刻させることが明らかとなった。

1984年に制作された “BRASIL” という名のスパイクは、当時のブラジル人契約選手のためのシグネチャーモデルだった。オリジナルモデル誕生から30年以上の時を経て復刻する “BRASIL OG” は、当時のアッパーデザインを最高品質の素材で再現し、熟練のイタリア職人が手作業で丁寧に仕上げ、ディアドラが誇るクラフトマンシップを表現した “MADE IN ITALY” モデル。

発売日は2016年5月9日の予定。ディアドラ日本語公式サイトには、5月7日にVACANT原宿(渋谷区神宮前3-20-13)で行われる発売記念無料ローンチイベントについての詳細も掲載されている。

BRASILとは

“BRASIL” とは、ディアドラが1984年に当時のブラジル人契約選手のために制作したシグネチャーモデルで、上質なカンガルーレザーをアッパー素材に使用したクラシックな一足。

このブラジル人契約選手とは、セリエAのウディネーゼに当時所属しブラジル代表としても活躍、後に日本代表監督も務めたジーコ氏とされる。1983-1984シーズンには得点ランキング2位となる活躍を見せ、サポーターからも人気を博していたようだ。

熟練職人の手で作り上げられたイタリア製スパイクの名作は、形を変えながら長きにわたり多くの支持を集め続け、2015-2016シーズンも多数のセリエA審判員(レフェリー)によって着用されている。

スパイク最安値サーチ β