[FCWC2015] マゼンベ vs サンフレッチェ広島

20151213-morisakikazuyuki

FIFAクラブワールドカップ2015の準々決勝が12月13日、大阪長居スタジアムで行われ、サンフレッチェ広島がアフリカ代表のマゼンベ(コンゴ)と対戦。広島が3-0で勝利を収め、南米代表リバー・プレート(アルゼンチン)が待つ準決勝へ進出を決めた。

以下はクラブワールドカップ2015準々決勝に出場した選手の着用スパイクリスト。

サンフレッチェ広島出場選手着用スパイクリスト

# 選手名 スパイク
GK 1 林 卓人 プーマエヴォスピード 1.3 グラフィック
DF 33 塩谷 司 ナイキ ティエンポレジェンド 5
DF 5 千葉和彦 ミズノウェーブイグニタス 4 JAPAN
DF 19 佐々木 翔 アンダーアーマークラッチフィットフォース
MF 18 柏 好文 ミズノモレリアネオ
MF 6 青山敏弘 ミズノモレリアⅡ
MF 14 ミキッチ ナイキマーキュリアルヴェイパー 10
MF 8 森崎和幸 アディダスエース 15.1
MF 25 茶島雄介 ナイキマジスタオーパス
MF 9 ドウグラス アンダーアーマークラッチフィットフォース
FW 11 佐藤寿人 ヒュンメルセラーテ α KA
FW 29 浅野拓磨 ナイキマーキュリアルスーパーフライ
DF 4 水本裕貴 ナイキマジスタオーパス
FW 22 皆川佑介 ナイキティエンポレジェンド 5

林 卓人 / エヴォスピード 1.3 グラフィック

20151213-hayashi

2試合連続で完封勝利を果たしたGK林卓人選手はプーマのエヴォスピード1.3グラフィックを着用。最新のエヴォスピード1.4ではなくドラゴン(龍)のグラフィックがデザインされたエヴォスピード1.3を今も履いている。着用しているグローブは最新のエヴォパワーPOPモデル。

塩谷 司 / ティエンポレジェンド 5

20151213-shiotani

コーナーキックから貴重な先制ゴールを決めた塩谷司選手が着用しているのはナイキのティエンポレジェンド5 エレクトロフレアパックカラー。オークランド・シティ戦に続いてマゼンベ戦でもゴールを決め、得点力の高さを示した。

ミキッチ

20151213-mikicchi

サンフレッチェ広島最年長のミキッチ選手が着用していたのはナイキのマーキュリアルヴェイパー10。疲れを知らない豊富な運動量で広島の攻撃を牽引。見事なクロスで浅野選手のゴールをアシストした。

森崎和幸 / エース 15.1

20151213-morisakikazuyuki

森崎和幸選手はアディダスのエース15.1を着用。緊迫した試合でも冷静なプレーでボールを落ち着かせ、ディフェンス時には激しいプレーでボール奪取を見せた。

浅野拓磨 / マーキュリアルスーパーフライ

20151213-asano

浅野拓磨選手はナイキのマーキュリアルスーパーフライを着用。相手の足が止まりかけた時間帯の浅野選手の投入は広島の大きな武器。この日も交代後早々にミキッチ選手のクロスを頭で合わせて結果を残した。

茶島雄介 / マジスタオーパス

20151213-chajima

注目の集まる一戦で先発メンバーに名を連ねた茶島雄介選手はナイキのマジスタオーパス リキッドクロムパックカラーを着用。コーナーキックのキッカーを務め、塩谷選手の先制ゴールを演出した。

マゼンベ出場選手着用スパイク

# 選手名 スパイク
DF 18 レインフォード・カラバ アシックスメナス 2

レインフォード・カラバ / メナス 2

20151213-mazembe-18

マゼンベのFWレインフォード・カラバ選手はアシックス メナス2の新色を着用していた。普段、マゼンベではナイキのスパイクを主に履いていたようだが、今回のクラブワールドカップへの来日後に何らかの形で手に入れたものと思われる。

スパイク最安値サーチ β