mi F50 アディゼロ 2015年の最新モデルを公開!一足早く新作の姿が明らかに!

mi-f50-adizero-2015-01

アディダス最新作 アディゼロ2015年モデル発売に先駆けて、カラーオーダーシステム mi adidas に「mi F50 アディゼロ 2015」が登場。

2015年最新作となるアディゼロのデザインを確認しつつ、数パターンのカスタマイズを試してみた。

デザイン特徴

まず外観を見てみると、今回試してみた新作アディゼロ2015年モデルは、鱗状の模様が全面にデザインされているのが特徴のようだ。

前モデルではアッパーサイドに描かれていたスリーストライプスは、シュータンとヒール部分に移転しており、スリーストライプスの代わりにインサイドにはアディダスロゴが小さく入れられている。

mi-f50-adizero-2015-03

進化したアウトソール

アディゼロ2015年モデルのアウトソールは大きく変化しているようだ。

天然芝用FGモデルは前足部と後足部のスタッドが1本ずつ減らされ、より軽量化されている。FGモデルの変化に伴い、取替式のSGモデルのスタッド配置も見直されている。FG、SGモデルはmi Coach搭載不可のようだ。

そして注目はハードグラウンド対応のHGモデルだ。スタッドの形状が一新され、従来のFGモデルに搭載されているトライアングル型スタッドに近いスタッド形状に変更されている。

mi-f50-adizero-2015-02

カラーバリエーション

カラーバリエーションは様々なパターン用意されており、個性豊かなカラーリングを生み出すことができそうだ。

メインカラーは10通りから選ぶことができ、鱗模様を形作る網目状のグリッププリントは12通り、さらに薄くシャドーをかけるようなゴーストプリントを2通りから選ぶことができるようになっている。

mi-f50-adizero-2015-04

mi-f50-adizero-2015-06

mi-f50-adizero-2015-05

mi adidas

より多くのパターンを自分の目で確かめてみたい場合は、アディダス公式サイトの mi adidas で自在にカスタマイズできるので試してみることができる。

「mi F50 アディゼロ 2015」の価格はFG、SG、HGモデル共通の24,000円(税別)。

スパイク最安値サーチ β