モレリアネオ2 海外限定カラー

mizuno-morelia-neo-2-origami-white-00

モレリアネオ2に最新の海外限定カラー ホワイト×ブラックが登場。以前ブラック×ホワイトにデザインされていた折り紙コンセプトが再び採用された、日本未発売の限定モデルだ。

画像は廉価版のモレリアネオ2 MD (£140) だが、最高級の “Made in Japan” モデル (£250) もラインナップされている。

2016年1月 ブラック×ホワイト

mizuno-morelia-neo-origami-black-01

ミズノのモレリアネオに海外限定カラーのブラック×ホワイト (Origami Concept)が登場。折り紙の鶴をコンセプトにデザインされたグラフィックが加えられた限定モデル。

日本未発売カラーのため見かけることの無いカラーだが、Jリーグでは唯一、ドルトムントからセレッソ大阪に移籍した丸岡満選手だけは着用している様子が確認されている。

2015年1月13日 イエロー×グリーン

mizuno-morelia-neo-yellow-green-01

ミズノのモレリアネオシリーズは、海外市場では日本で販売されている以上に豊富なカラーが展開されている。イエロー×グリーンやレッド×ホワイトなどは日本未発売の海外限定カラーとなっている。

Made in Japan モデルは最高級品

mizuno-morelia-neo-yellow-green-02

海外では「モレリアネオ Made in Japan Edition」という名称で取り扱われているモレリアネオのトップモデル。

通常のモレリアネオは約135ポンド(約24,000円)で販売されているが、日本製の “Made in Japan Edition” は250ポンド(約45,000円)という驚きの価格設定。

海外の主流はインドネシア製

日本国内のモレリアネオは当然のように日本製スパイクとして流通しているが、海外で流通する通常のモレリアネオは日本製ではなくインドネシア製とのこと。

Made in Japan Edition (MIJ) は優れた品質を誇る最高級モデルとして扱われているため、海外限定カラーを逆輸入する場合には価格という高いハードルを越える必要がある。