アディダス エックス 16.1 HG, FG

adidas-x-16.1-fg-silver-00

フルモデルチェンジしたアディダス Xシリーズの新作が登場。

フィット感やホールド性に加えて、さらに軽量性も備えて進化。アグレッシブなプレーで魅了するベイル選手やスアレス選手、香川真司選手など着用モデル。

エックス 16.1 FG/AG

adidas-x-16.1-fg-silver-01

アッパー素材には柔軟なテックフィットアッパーを採用。伸縮性とホールド性を備えた合成繊維アッパー。表面は非常に薄い樹脂コーティングが施されている。

adidas-x-16.1-fg-silver-02

シューレースはセンター配置となっており、アッパー側面のシューレースフックと連結することで、足全体をサイドから最適にホールド。ワンピース構造アッパーのフィット感を活かしつつ、プレー時の足のブレを最小限に抑えることで一体感を向上。

アウトソールは天然芝とロングパイル人工芝に対応したFG/AGアウトソール。スタッド形状や素材を刷新し軽量なスプリントフレームが採用され、前作15.1よりもマイルドなグリップ力と軽量性が特徴のアウトソールとなった。

エックス 16.1 HG/AG

adidas-x-16.1-hg-silver-01

固い土などのハードグラウンド対応トップモデル「エックス 16.1 ジャパン HG」もラインナップされている。

今作からHGモデルのアウトソールも軽量樹脂のスプリントフレームを搭載。ハードグラウンド用スプリントフレームは、過去にF50アディゼロ4にも採用されていたもの。形状はエックス16.1FG/AGをベースに、耐摩耗性や突き上げ感の緩和などハードグラウンド仕様の独自設計となっている。

テイクダウンモデルの16.2やTFモデルもラインナップ

adidas-x-16-mercury-pack-lineup-01

トップモデルの16.1の他に、旧型アウトソールを搭載したテイクダウンモデルの16.2、トレーニング用TFやインドア用ICモデルの16.3、子供用ジュニアモデルなどがラインナップされる予定。

これらエックスシリーズ新作の発売日は2016年5月27日が予定されている。

スパイク最安値サーチ β